システム開発と環境

男性

事前検討の重要性

システム開発を行う場合には、通常は特定のオペレーションシステム上で動作することを考慮して開発される。しかし、システムの用途などによっては複数のオペレーションシステム上で動作させたいケースがある。このようなものをマルチプラットフォームと呼び、マルチプラットフォームに対応するためには開発時から考慮する必要性が出る。システム開発を業者に依頼して実施する際には、申し込み時に事前に稼働環境の条件を明確に提示することが重要である。稼働環境の提示が曖昧な場合には、開発完了後に想定していた環境で動作させることができず、問題になるケースがあるためである。一般的には、システム開発においてマルチプラットフォームへの対応をする場合、コストが多くかかる傾向がある。それは、1つのプラットフォームであれば、そのプラットフォーム向けに開発を行い1つの環境でテストをすればよいのみとなる。しかし、マルチプラットフォームの場合には複数の環境向けに開発しテストも複数環境で行う必要性が出るため、費用が多くかかる可能性が有る。その為、コストを抑えた開発を行いたい場合には、プラットフォームを絞り込んでおくことがポイントになる。業務などにおいて、そのプラットフォームでの動作が必要か否かを検討することや、プラットフォームの絞り込みを行っておくことでコスト削減につながる。これらの検討は、開発を始める前に行うことが重要であり、事前準備として必要になる。

Copyright© 2018 Web会議を活用しよう【インターネットを使った会議システム】 All Rights Reserved.