企業の会議を変革する

ミーティング

ブラウザを利用した会議

企業ではパソコンを一人一台貸与して業務を行っていますが、テクノロジーの進化によって会議自体もパソコンを利用することが多くなっています。具体的にはパソコン自体に内蔵されていたり、外付で接続できるマイクやスピーカー、ヘッドフォンを使ってブラウザで会議を実施します。この仕組みをWeb会議と呼び、いろんな働き方の多様化とも関係して、採用を行う企業が増えてきております。Web会議の特徴としては、まず最初に場所や時間の制約がなくなることですが、これはノートパソコンやタブレットを利用しているケースです。出張中はもちろんのこと、最近では在宅勤務も増えてきており、会議の参加者が事務所にいることが少なくなっています。インターネット回線さえあれば、場所の制約がなくなりますし、会議室の予約からも開放されるので、時間の制約もなくなるわけなのです。次のWeb会議のメリットとして、会話内容について録音できるということであり、これはそのまま文字起こしも連動してできることを意味します。このことにより多くの工数がかかっていた、議事録作成から開放されることになり、迅速な議事録展開が可能になるのです。最後のメリットとして、標準的なブラウザを使うことになるので、クライアント側の都合を気にすることはないのです。特に最近ではパソコンもいろんなOSが作動していますし、スマートフォンなどでもブラウザが利用できるので、このメリットはかなり有効です。このようにWeb会議システムは、企業の会議の仕組みを変えて、業務の効率化や働き方さえも変える要素を持った製品と言えるのです。

Copyright© 2018 Web会議を活用しよう【インターネットを使った会議システム】 All Rights Reserved.