便利なシステム

PC操作

最近色々なところで導入されている予約システム。空き状況の事前確認や受付時間の制約をなくすこと、また予約業務にかかわるコスト削減や蓄積したデータの有効活用など、導入することにより受けられるメリットが大変多いため人気があります。

詳しく見る

インターネットを使う会議

会議

システムの仕組み

インターネットを使った会議システムとしてWeb会議があります。これはWebの技術を使ったもので映像を見ながら離れた場所の人と会議をすることができます。従来の離れた場所の人と会議をするシステムとしてはテレビ会議や電話会議などがありますが、Web会議ではそれらの仕組みを総合的に行うことができるほか、映像や音声以外にもデータを送受信することができるといった豊かな機能があります。Web会議を行うといってもその種類はさまざまで簡単なものであればスマートフォンやタブレット端末などを使って行うことができます。本格的なものであればパソコンが使われますがテレビ会議と異なり専用の装置は不要でインターネットにアクセスできる環境があれば利用が可能です。またWeb会議システムでは専用のアプリケーションをインストールして行う方法のほかにもブラウザからアクセスできるものもあります。いずれにしてもセットアップそのものもインターネットから行う事ができるので、インターネットにアクセスできる環境にあれば世界中どこにいてもWeb会議に参加することが可能です。一方でWeb会議といっても提供されるものによって品質が異なります。一般的にはインターネット回線が使われますが、Web会議システムを提供している専門会社の場合には上流部は専用回線を使用するため遠距離であっても品質の低下を防いでいます。特に海外との会議をする場合には、この専用回線の有無が品質に大きく左右します。Web会議システムと同様に、最近企業に浸透しつつあるシステムがあります。それがチャットシステムです。チャットシステムは電話やメールよりも気軽にコミュニケーションがとれるため、オフィス内でのやり取りがスムーズになるとして注目を集めています。無料バージョンを用意していることもあるので、まずは試してみると良いでしょう。

リアルタイムの情報交換

チャット

ビジネスを行う上で便利な情報共有アイテムにビジネスチャットがあります。ビジネスチャットはリアルタイムで文章をやりとりすることができるチャットシステムをビジネス向けにアレンジしたもので導入することで時間の節約に役立てることができます。

詳しく見る

システム開発と環境

男性

システム開発の際、複数の環境で動作させることをマルチプラットフォームと呼ぶ。マルチプラットフォームに対応する場合には、開発段階からの考慮が必要である為、事前にどの環境で動作させる必要があるかを検討しておく必要がある。

詳しく見る

メインフレーム開発の危惧

男女

高齢化が進むメインフレームのシステム開発の現状。若い技術者がほとんど増えない中で、あと数年で高齢となった多数の技術者が定年を迎える。企業はこの先訪れる技術者不足に対して今のうちから対策を考えておく必要がある。

詳しく見る

企業の会議を変革する

ミーティング

パソコンを企業で使うようになって、かなりの年数が立っていますが、最近の新しい使い方としてWeb会議があります。これはパソコンにインストールされているブラウザを使って、会議を行う仕組みであり、そのメリットが企業の業務効率化に貢献できるとして、注目されています。

詳しく見る

Copyright© 2018 Web会議を活用しよう【インターネットを使った会議システム】 All Rights Reserved.